飛行機の世界から学ぶ経営いろは考:第21講;『抗力=抵抗(Drag)』 - いわき経営コンサルタント事務所

 090-3126-7985
お問い合わせ

ブログ

2024 / 07 / 01  09:38

飛行機の世界から学ぶ経営いろは考:第21講;『抗力=抵抗(Drag)』

飛行機の世界から学ぶ経営いろは考:第21講;『抗力=抵抗(Drag)』

 

第21講;『抗力=抵抗(Drag)』

 

お断りばかりのプロローグで申し訳ありません!

 今回も、専門用語(特に英語)を多用しますので・・・混乱するかも知れません!

 悪しからず、ガマンして読むか・・・最後の方へ読み飛ばして下さい!

 以前、飛んでいる飛行機には4つの力 (Force)が発生していることをお話しました。

 上向きのLift(揚力)、前向きのThrust(推力)、後ろ向きの今回のテーマであるDrag(抗力)、そして地面に向うWeight(重さ:重力)です。

 

 「Drag(抗力)」は、飛行している反対に行く力です。

 動くモノには、前進するのを阻止しようと多くの「Drag(抗力)」が発生しています。

 

 飛行機には、大きく分けて2種類の「Drag(抗力)」があります。

 「Parasite Drag(寄生抗力と私は訳します)」と「Induced Drag(誘導抗力)」です。

 

まず「Parasite Drag(寄生抗力)」は、一般的に「空気抵抗」と呼ばれているモノです。

 「Induced Drag(誘導抗力)」は、翼が揚力を発生させる時に生まれる副産物です。

これらの「Drag(抗力)」は、自動車にも船舶にも発生するものです。

 昨今の自家用車や新幹線、特急列車などが流線型である理由も「Drag(抗力)」を減らすために考えられ、デザイン的にも美しいものは流れがスムーズですよね!?

 

 「Parasite Drag(寄生抗力)」には、3種類の抗力があります。

1)Form Drag(形状抗力):気流(流れている空気)に物体を当てますと発生するモノ

 です! 後方に押そうとする力になります。

 例としては、飛行機に取り付けられたアンテナや支柱、ギア(車輪)、翼など、

 何でもが気流の中にあるモノですから、気流にとっては邪魔ですよね!?

 この抗力は取り付けられたモノの面積や形に大きく依存します。

 翼の様な滑らかな形状では、抗力少なくなりますが、四角い形の物体では多くなり

 ます。

 

2)Interference Drag(干渉抗力):飛行機にはありとあらゆる所に気流があります。

 2種類以上の気流が合流する所に発生するのがInterference Drag(干渉抗力)です。 

 気流の合流点では、だいたい渦の様な乱気流が発生し、それが飛行機の推進にとって

 大きな抗力になります。

 飛行機でInterference Drag(干渉抗力)が一番大きくなる部分は、主翼と胴体の付け根で す。

 

3)Skin Friction Drag(表面摩擦抗力):気流が飛行機の表面を接触して流れてゆく時に

 発生する摩擦を言います。

 ツルツルの表面では少なくなりますが、飛行機に近づき触りますと、リベットや塗装

 ムラ、継ぎ接ぎなどのデコボコがあり、それらが気流の通りを邪魔し摩擦が空気抵抗

 になります。

 

 「Parasite Drag(寄生抗力)」は、一般的な空気抵抗と思って下さい。

 走っている自動車や自転車でも同じ様に発生するものです。

 川の中の岩や橋桁、水藻、立木なども、水流からすると「Parasite Drag(寄生抗力)」で すね!?

 

これ実は・・・、特徴として、「Parasite Drag(寄生抗力)」は速度の2乗に比例するのです!

ですから速度が3倍になれば、なんと・・・その2乗の9倍となります。

 速度が増えると急激に増えことを知っておくといいですね!?

 

 最近、見かけるのも少なくなりましたが、ワゴン車をゴテゴテにデザインした車があります。下手すると高速道路では、スピードが出過ぎたり、突風・暴風にでも出くわしたら、せっかく何十万円もお金を掛けて取り付け、塗装などをしたのに、そのデコレーションが吹っ飛んでしまうかも知れません(^^;

 

「Parasite Drag(寄生抗力)」は、もちろん速度が落ちれば格段に小さくなります。

 

 次に「Induced Drag(誘導抗力)」ですが、「揚力(Lift)」が発生する時に副産物として発生する抗力のことです。

 

 揚力が発生する時には、翼付近の気流が下に押し流されます。

その影響で、揚力が後方に傾き、その傾きが抗力になるのですねぇ~(^^;

難しいでしょから・・・適当に想像して下さい!ります。上に引っ張る揚力が後ろ向きに揚力というのは、飛行機を上に吊り上げるだけでなく、揚力自体が飛行機を後退させようとします。

 

 変な例ですが・・・、皆さんの髪の毛を真上に引っ張ってください!

 髪の毛のない人、・・・引っ張ると心配な人はやらないで下さい(^^;

 

頭は上に行きますよね!?

でも、その髪の毛を斜め後ろに引っ張って下さい。

 頭は確実に、上にも上がりますが、その時には頭が後方にも行いきますよね!?

これが「Induced Drag(誘導抗力)」です(^^)

 

ですから「Induced Drag(誘導抗力)」は、揚力が強い時に増えるのですね!

 低速で飛行している時は、速度が少ないので揚力が少なくなります。

それを補うために機首を上げて、Angle of Attack (迎え角度)大きくします。

そうしますと揚力は後ろに引っ張られ、「Induced Drag(誘導抗力)」が大きくなります。

 

Parasite Drag(空気抵抗)は速度が速くなると、強烈に増えていきます。(速度の2乗に比例します。)

でも、「Induced Drag(誘導抗力)」は速度が速くなると逆に減って行きます。

 速度が速いと「Lift(揚力)」が大きくなるので、機首を上向きにする必要が最小限になります。

 

でも逆に速度が落ちますと「Lift(揚力)」が減るので、それを補う為に迎え角を増やしますので「Lift(揚力)」の角度が後ろに後退して「Induced Drag(誘導抗力)」が増えます。

 

 飛行機の「抗力(Drag)」と「速度(Speed)の関係は、

 全体の「抗力(Drag)」の合計は、「速度(Speed)」が早すぎても、遅すぎても大きくなります!

 実は難しいのですが、「最適滑空速度(Best Glide Speed)」と呼ばれる速度で合計の「抗力(Drag)」が一番少なくなります。

 

 前回勉強した「『Load Factor(荷重比率;倍数)」を「L/D Maxi」とも言うのですが、「Lift(揚力):「Drag(抗力)」の比率が一番大きい時、Total Drag(総合抗力)が最低になります。

この速度で飛行しますと、空気抵抗が一番少ないので、エンジンが停止した時には、このスピードにすれば最大の距離を滑空することが可能になります。

 緊急事態で、飛行中にエンジン停止した時、「エマージンシーのABC」を、免許取得までに何度も訓練します。

 

ちなみに、「エマージンシーのABC」とは、

1)A:Air Speedを飛行機の「最適滑空速度(Best Glide Speed)」にすること

2)B:緊急着陸するためのBest field 即座に見つけること

3)Check List に添って、粗漏なく落ち着いてエンジンかけ直しにトライし、

もしエンジン再開不可能なら、Force Landing(正式にはemergency a forced landing);

 不時着する

 ことです。

 

 

さて、ビジネス・リーダーへの教訓は、

 「空気抵抗」は、速度が速くなると、強烈に増えていく!(速度の2乗に比例)

 「誘導抗力」は、速度が速くなると逆に減って行く!

 速度が速いと「揚力(浮き上がる力)」が大きくなる!

 

 企業が成長発展して行く段階でまったく同様の「抵抗」が増えるものと減るものがあるのを知っておくと、思い切った成長発展は怖くないのですね!?

 

 中小零細企業がなぜ・・・大きくならないのか? の最大の原因はトップ・マネジメント・リーダーの「恐怖感」なのです!

それは大きくなるなるに従って、いままで親しくつき合ってきた人たちからの「ねたみ」「やっかみ」「辛み」「恨み」「ひがみ」が「空気抵抗」と同様に増えるのです!

また、子飼いの従業員からも「今までの方がいい!」「こんなこと~!」なんていう、サボタージュも含めた抵抗(レジスタンス)が必ず燻ります。

 「ドライ」「クール」でない「ウェット」なビジネス・リーダーは、従業員も組織機構の改革、すなわち「リ・ストラクチャリング」するのに恐れを持ちます。

 

ここで成長速度(スピード)を鈍化させるとたちまち「揚力(浮力)」が小さくなり、高度が落ち始めるのです。下手すると・・・「失速」するのです!

 

こう言う時期こそ、もっとスピードアップすべきなのです。

そう! アクセルを思いっきり踏み込むのです!

その踏み込みを「勇気」と言いましょう!

 

 巡行高度に達すると・・・安定した水平飛行に入ることができます!

そうすると景色を落ち着いて、ゆっくり見下ろすことができます。

その時、新たなアイデア、信念までもが生まれてきます。

 

 飛行機は、スピードを出すとき「G」が掛かります。

その「G」が快感になるようなビジネス行動を起こすことを習慣化しましょう(^o^)/

  

ありがとうございました。

 

いわき経営コンサルタント事務所の詳細は、

https://imcfujimoto.net/

 

いわき市において、いわき夢実現塾を開催しております。

興味のある方は塾生になるにはハードルが高いですが、こちらをご覧下さい!

https://imcfujimoto.net/free/school

 

2024.07.25 Thursday