経営コンサルタントとはどういう存在?コンサルタントの必要性 - いわき経営コンサルタント事務所

 0246-65-2556
お問い合わせ

経営コンサルタントとはどういう存在?コンサルタントの必要性

国内企業のうち9割以上は中小零細企業です。日本経済を支える中小零細企業、その経営に対してアドバイスや指導を行い、支えているのが経営コンサルタントです。

IMC いわき経営コンサルタント事務所では福島をはじめ、全国の中小零細企業様でコンサルティングを行ってきました。 多岐にわたる分野のコンサルティングをしてきた経験をもとに中小企業様の課題解決・問題解決を力強くサポートしています。 こちらでは中小企業におけるコンサルタントの必要性や経営コンサルタントとはどういう存在なのかを紹介します。

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントとは

経営コンサルタントの主な役割は、財務や人事など企業の経営状況を的確に診断し、アドバイスや指導をすることです。具体的には、企業の課題を洗い出して、解決するために実践的な教育研修やセミナーなどを実施することが挙げられます。

企業ごとの診断結果に応じて、課題解決のためにアドバイス・実行していくことから、「経営のドクター」とも呼ばれています。

中小企業におけるコンサルタントの必要性

中小企業におけるコンサルタントの必要性

「中小企業コンサルタントは本当に必要?」と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、以下の場合は力になります。

  • 自社の経営状況を客観的な目で見たいとき
  • 競合他社に勝つために経営改革を進めたいとき
  • 自社にないスキルやノウハウを手に入れたいとき
  • 自社の強みに経営資源を集中させたいとき
  • 経営管理体制や内部統制を強化したいとき

上記のことから、企業の課題解決・問題解決を目指すとき、コンサルタントが必要になるタイミングはあると言えます。経営に行き詰まったり悩んだりした場合に、経営コンサルタントを活用することは効果的です。

福島で中小企業コンサルタントをお探しの方、中小企業コンサルティングを受けたいとお考えでしたら、IMC いわき経営コンサルタント事務所までご連絡ください。業績向上のための経営指導、効率化を図るための在庫管理やコンピューター指導、管理者を対象とした講演やセミナーなどを行います。

福島をはじめ、全国の中小零細企業のサポートが可能です。流通系から農業系まで、多岐にわたる分野でコンサルティングを行ってきた経験から、的確なサポートができます。福島を中心に、企業の課題解決・問題解決を目指している全国の中小零細企業の経営者(経営管理者)は、お気軽にご相談ください。

福島で中小企業コンサルタントをお探しならIMC いわき経営コンサルタント事務所

会社名 有限会社アイ・エム・シー
個人事業 IMC いわき経営コンサルタント事務所
住所 〒979-0144 福島県いわき市勿来町大高京田2−2
代表者 藤本 匡弘
TEL(FAX兼用) 0246-65-2556
携帯電話番号 090-3126-7985
MAIL imcfujimoto@nifty.com
URL https://imcfujimoto.net/
所属 中小企業診断協会正会員
福島県中小企業診断協会正会員
日本販売促進学会参事
特定非営利活動法人日本システム監査人協会正会員(公認システム監査人)
システム監査学会正会員
独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構;NEDO評価者登録
全国能率連盟正会員:J-MCMC資格
日本販売士認定講師協会正会員
東京販売士協会正会員
日本マネジメント・ゲーム研究学会:シニア・インストラクター
日本航空機操縦協会正会員
特定非営利活動法人ふくしま飛行協会正会員
日本戦略研究フォーラム会員
靖國神社崇敬奉賛会終身正会員
特定非営利活動法人竹林再生プロジェクト協会会員
特定非営利活動法人Social Net Project MOVE会員
特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構賛助会員
JUIDA:一般社団法人日本UAS産業振興協議会会員
2019.06.16 Sunday