ご存知ですか?企業における経営診断の必要性と診断結果の活用方法 - いわき経営コンサルタント事務所

 0246-65-2556
お問い合わせ

ご存知ですか?企業における経営診断の必要性と診断結果の活用方法

中小零細企業は大企業とは異なり、少ない人数で最大効率化を目指して人員の配分をしています。そのため、緊急性・優先度の低いことには費用や手間をかけたくないと思う経営者は多いと思います。そこで経営改善を考えた時、経営課題を分析するために必要となるのが経営診断です。

経営診断の必要性

経営診断の必要性

経営診断は、企業の経営課題を明確化し分析、改善していくためにも必要なことです。経営診断を受けることにより、経営改善のための意思決定を的確に行うことができます。

例えば、赤字経営からの脱却方法や赤字のリスクを未然に防ぐための対処法が明確になり、素早く実行に移せるようになるのです。つまり、安定経営を実現するためにも、経営診断は必要性の高いことだと言えます。

診断結果の活用方法

診断結果の活用方法

では、経営診断の結果を受けて企業はそれをどう活用すればいいのでしょうか。経営診断を受けると、財務諸表や人事に関する様々データなどがすべて経営診断報告書として“見える化”されて、改善点や今後の目標などが明確になります。企業は、目に見える目標があるからこそ、それに向かって進むことができるのです。

  • 現在、自社に適した売上目標の設定がわからない
  • 経営全体を通して財務的に良好なのか、悪いのかがわからない
  • 今後、事業にどれだけの投資をしていいのかわからない

などお悩みでしたら、一度経営診断を受けてみてください。経営診断を受けることで、現在の経営状態は一目瞭然です。財務に関する不安や悩みを適宜解決しながら、安心して本業に専念できます。

IMC いわき経営コンサルタント事務所・代表取締役の経歴をご紹介

代表取締役の活動の一部をご紹介させていただきます。

  • 福島県農業経営会議経営部門指導員登録(平成7年~)
  • いわき商工会議所商工調停士(平成26年2月~)
  • 福島県信用保証協会登録経営指導員(平成26年6月~)
  • 独立行政法人高齢者・障害者・求職者支援機構:高齢者雇用アドバイザー(平成30年4月~)

IMC いわき経営コンサルタント事務所は、福島をはじめ全国から経営に関するご相談を承っています。また、経営者ご自身で組織の改革・改善テクニックをマスターしていく「いわき夢実現塾(無料)」も開塾しています。経営にお悩みの方、いわき夢実現塾に興味をお持ちの方は、お気軽にご連絡ください。

福島で経営診断を受けるならIMC いわき経営コンサルタント事務所

会社名 有限会社アイ・エム・シー
個人事業 IMC いわき経営コンサルタント事務所
住所 〒979-0144 福島県いわき市勿来町大高京田2−2
代表者 藤本 匡弘
TEL(FAX兼用) 0246-65-2556
携帯電話番号 090-3126-7985
MAIL imcfujimoto@nifty.com
URL https://imcfujimoto.net/
所属 中小企業診断協会正会員
福島県中小企業診断協会正会員
日本販売促進学会参事
特定非営利活動法人日本システム監査人協会正会員(公認システム監査人)
システム監査学会正会員
独立行政法人新エネルギー産業技術総合開発機構;NEDO評価者登録
全国能率連盟正会員:J-MCMC資格
日本販売士認定講師協会正会員
東京販売士協会正会員
日本マネジメント・ゲーム研究学会:シニア・インストラクター
日本航空機操縦協会正会員
特定非営利活動法人ふくしま飛行協会正会員
日本戦略研究フォーラム会員
靖國神社崇敬奉賛会終身正会員
特定非営利活動法人竹林再生プロジェクト協会会員
特定非営利活動法人Social Net Project MOVE会員
特定非営利活動法人カラーユニバーサルデザイン機構賛助会員
JUIDA:一般社団法人日本UAS産業振興協議会会員
2019.06.16 Sunday